Skip to content

海外SEO情報ブログ

2020/7/13

構造化データで複数アイテムをマークアップする際のガイドラインをGoogleが更新。ネストするか@idで関連付けする

1 つのページで、複数のアイテム(タイプ)を構造化データでマークアップする際の注釈を構造化データのガイドラインに Google は追加した。関連するエンティティのタイプではネストもしくは @id で関連付ける。独立したエンティティは、個別にマークアップできる。

2020/7/10

Googlebotはショッピングカートに商品を追加する。カゴ落ち率が悪化する可能性あり

EC サイトで Googlebot は商品をカートに追加することができる。マーチャントセンター経由で送信された商品の金額がサイトで実際に販売されている商品の金額と一致するかどうかを確認するためだ。しかしながら、実際に購入しない。カートの離脱いわゆる「カゴ落ち」の率を不当に歪めてしまう可能性がある。

2020/7/9
2020/7/8
2020/7/7
2020/7/6

Google、スパムレポートの利用方法を変更。検索アルゴリズム改善のみに利用、手動対策には利用せず

スパムレポートの Google 内部での使い方に関する説明を Google は明確化した――ユーザーから送信されたスパムレポートは手動による対策のためには利用しない。スパム検出のためのアルゴリズム改善のみを目的として利用する。

2020/7/4
2020/7/3
2020/7/2
2020/7/1
2020/6/30
2020/6/29
2020/6/26

組織ロゴの構造化データとAMP記事ロゴの構造化データのガイドラインは異なる、AMPのロゴにSVG画像は使えない

組織のロゴ向け構造化データのガイドラインと AMP 記事で指定するロゴの構造化データのガイドラインは異なる。たとえば、SVG と WebP を、組織のロゴの構造化データは サポートしますが AMP 記事のロゴの構造化データはサポートしない。

2020/6/25
2020/6/24
2020/6/23
2020/6/22
2020/6/20

コアウェブバイタル改善にはメリットしかない。離脱率24%減・トップニュース表示は魅力的【海外&国内ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。今週もグーグルの「コア ウェブ バイタル」3指標についてさらに情報を。モバイル検索でのトップニュース枠掲載の条件になる予定と、この指標を真面目に改善していくと売上や利益といったビジネス指標にも効果があるという話題だ。

2020/6/19
2020/6/18