Skip to content

新着SEO情報

運用型広告レポート自動作成「アドレポ」の出力機能に「Googleスプレッドシート」を追加

マーケティングロボット開発のロックオンは、同社の運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」のレポート出力機能に、表計算ソフト「Googleスプレッドシート」を加えた、と6月25日発表した。7月1日に提供を始める。従来の表計算ソフト「Excel」、管理画面、ビッグデータ解析サービス「Google BigQuery」に追加した。   Googleスプレッドシートはオンライン上でデータを共有し、複数人…

新しいレンダリングエンジンに対応したモバイルフレンドリーテストツールを内部テスト中

新しいレンダリングエンジンに対応したモバイルフレンドリー テスト ツールを Google は内部でテストしているとのこと。投稿 新しいレンダリングエンジンに対応したモバイルフレンドリーテストツールを内部テスト中 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

GSCでコード内検索可能に

非常に小さなチューニングですが、Google Search Consoleで、ソースコードを検索したり、ワンクリックでコピーできる機能が加わりましたので、そのご紹介です。 どんな機能? まずは、Google Webmastersのツイートをご覧ください。 New feature landing in the Search Console URL testin … "GSCでコード内検索…

新着記事一覧



お気に入り順

あなたが思うよりも深刻なSEOキーワードカニバリゼーションの問題を考え直そう(前編) | Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

筆者の見解はすべて筆者自身のものであり(ありそうもないことだが、筆者が催眠状態にある場合を除く)、Mozの見解を反映しているとは限らない。SEOの世界には「カニバライゼーション」という概念がある。見逃しがちだが意外と深刻なこの問題を、改めて理解しておこう。「カニバライゼーション(共食い)」と聞いて、どういうわけか一瞬でも伝説の映画『羊たちの沈黙』を思い浮かべたのは、君だけではないはずだ。「共食い」…

1ページのリンク数は何本以内に抑えるべきか?Googleは数千本を処理できるが、UXを念頭に入れるべき

1 ページに設置するリンクの数について説明する。技術的には、数千本のリンクを Google は処理でる。しかしながら、ユーザー体験の観点からはユーザーにとって使いやすい数に抑えることが適切だ。投稿 1ページのリンク数は何本以内に抑えるべきか?Googleは数千本を処理できるが、UXを念頭に入れるべき は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

Google、新規サイトではモバイル ファースト インデックスをデフォルトに。2019年7月1日から適用

2019 年 7 月 1 日から新規サイトに対してモバイル ファースト インデックスをデフォルトにすることを Google は事前通知した。この日以降、 Google が新たに認識したサイト(それまで存在を検出していなかったサイト)は、最初から MFI でインデックスされる。投稿 Google、新規サイトではモバイル ファースト インデックスをデフォルトに。2019年7月1日から適用 は 海外SE…

テクニカルSEOの優先順位。あなたが今取り組むべきは、どの段階か?

SEOの内部施策のひとつであるテクニカルSEO。Webサイトの内容を検索エンジンに正しく伝えるために必須の施策となります。ただし、実施すべきことが多く、「何を先にすべきか」がわかりにくいのも事実です。今回は、テクニカルSEOの5つの施策と、それぞれの優先順位についてわかりやすく解説した記事をご紹介します。 続きを読む →

お気に入り記事一覧