Skip to content

内部対策

2019/7/3
2019/6/17

あなたが思うよりも深刻なSEOキーワードカニバリゼーションの問題を考え直そう(前編) | Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

筆者の見解はすべて筆者自身のものであり(ありそうもないことだが、筆者が催眠状態にある場合を除く)、Mozの見解を反映しているとは限らない。SEOの世界には「カニバライゼーション」という概念がある。見逃しがちだが意外と深刻なこの問題を、改めて理解しておこう。「カニバライゼーション(共食い)」と聞いて、どういうわけか一瞬でも伝説の映画『羊たちの沈黙』を思い浮かべたのは、君だけではないはずだ。「共食い」…

2019/6/14

1ページのリンク数は何本以内に抑えるべきか?Googleは数千本を処理できるが、UXを念頭に入れるべき

1 ページに設置するリンクの数について説明する。技術的には、数千本のリンクを Google は処理でる。しかしながら、ユーザー体験の観点からはユーザーにとって使いやすい数に抑えることが適切だ。投稿 1ページのリンク数は何本以内に抑えるべきか?Googleは数千本を処理できるが、UXを念頭に入れるべき は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/5/28

テクニカルSEOの優先順位。あなたが今取り組むべきは、どの段階か?

SEOの内部施策のひとつであるテクニカルSEO。Webサイトの内容を検索エンジンに正しく伝えるために必須の施策となります。ただし、実施すべきことが多く、「何を先にすべきか」がわかりにくいのも事実です。今回は、テクニカルSEOの5つの施策と、それぞれの優先順位についてわかりやすく解説した記事をご紹介します。 続きを読む →

2019/5/17
2019/5/15
2019/4/24

専門性を示すことはGoogle検索のランキング要因である

そのトピックに関して専門性を有しているかどうかも Google はランキング要因として利用しているようだ。専門性を高めることは検索における安定した順位を確保することに繋がるはずだ。投稿 専門性を示すことはGoogle検索のランキング要因である は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/11

ロングテールSEOとは?対策方法と考え方

リスティング広告以外に自社のホームページにユーザーを誘導するには、自然検索においてホームページをできるだけ上位にする必要があります。SEOはそのための対策手段であり、インターネットのビジネス利用には欠かせない手法の一つです。中でもロングテールSEOは、地道ながら費用をかけずに検索順位の上位取得を狙えるため、高い人気を誇ります。今回は、SEOを経験した多くの人に知られるロングテールSEOについてわか…

2019/4/2

低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない

サイトの一部分のコンテンツが低品質だからといって、必ずしもサイト全体の評価に悪影響を及ぼすとは限らない。特に大規模なサイトでは、内容の薄いページが多少なりともあることは一般的。投稿 低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/29

SEO流入が60倍! 月500万UU突破の「暮らしニスタ」に学ぶSEO対策の最前線

Web上の情報過多・情報オーバーロードが叫ばれて久しい近今、自社や商品の魅力をいかに伝えるか、各社が知恵を絞っています。また、そうしたマーケティングの出発点である集客の土台として、SEOの重要性もますます高まっています。Googleはユーザーの利便性を高めるために、日々検索アルゴリズムのアップデートを行っています。アップデートの影響で検索順位が下落してしまうと流入数にダイレクトに影響するため、We…

2019/3/28
2019/3/25

Google、rel=prev/nextのサポートを終了……実は数年前からすでに使っていなかったというオチあり

rel="prev" および rel="next" のリンク要素のサポートを終了したことを Google は告知した。実際には、数年前から利用していなかったとのこと。ページネーションした各ページは独立したページとして扱われる。投稿 Google、rel=prev/nextのサポートを終了……実は数年前からすでに使っていなかったというオチあり は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/23
2019/3/22

ページネーションタグの廃止

Googleがページネーションタグのサポートを終了したと公式Twitterで発表しました。サイト名等をGoogleで検索した際のサイトリンクにカテゴリページの2ページ目が出現していたりしていたので、私自身もページネーションタグの機能については「?」に感じていたのですが、やっぱり効いてなかったみたいです。 ページネーションタグって? サイト内検索結果ページや紹 … "ページネーションタグ…

2019/3/21
2019/3/19

headセクションにiframeを埋め込んではいけない、iframe以降の要素はGoogleにすべて無視される

head セクションに iframe タグを埋め込んではいけない。iframe タグ以降の要素は Google にすべて無視される。つまり、head セクション内の iframe はSEO に実害を与える。投稿 headセクションにiframeを埋め込んではいけない、iframe以降の要素はGoogleにすべて無視される は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/18
2019/3/15

ウチのサイト表示、世間と比べて重い? 軽い? 相場データと調査方法を大解説!【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

illustration by つきのあめだまウェブページの表示を快適にするために「あなたのサイトは世間一般と比べて、画像やJavaScriptが重いのかどうか」を判断できる相場データと調査方法を解説する。「ウチのページは世間の75%よりも重いらしい」「上位25%に収まるぐらい軽いようだ」などがわかれば、対応の優先度も決定しやすいはずだ。ほかにも、SEOや検索に関する次のような情報を、今週もまとめ…

2019/3/11

動画をメインコンテンツとして使うべきでない、メインコンテンツを補強するために利用する。Google検索にはテキストコンテンツが必要

Google 検索の観点からは、そのページのメインコンテンツとして動画を利用することは推奨されない。メインコンテンツを補強するための要素として動画は利用されるべき。投稿 動画をメインコンテンツとして使うべきでない、メインコンテンツを補強するために利用する。Google検索にはテキストコンテンツが必要 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/7
2019/3/4
2019/2/15
2019/2/14

titleタグ表記はCTR重視へ

私の実感値として、最近多いtitleタグの施策に関して、ご紹介したいと思います。トップページのtitleタグに、いわゆるNo.1表記や具体数字等を入れることで検索結果からのクリック率(CTR)を高めようとするサイトオーナーが増えてきているようです。 クリック率重視 何年も前のSEOでは、施策キーワードで「とにかく検索順位1位を!」と躍起になる人が多かったです … "titleタグ表記は…

2019/2/12
2019/2/1
2019/1/30