Skip to content

サーチコンソール

2018/11/12
2018/11/9

Google、新Search Consoleで「ドメイン プロパティ」機能を試験公開。wwwあり・なしやhttp・https、サブディレクトリのデータをすべて統合レポート

Domain properties(ドメイン プロパティ)という Search Console の新しい機能を Google は一部のユーザーを対象に試験公開した。ドメイン プロパティは、複数のサブドメインやプロトコルのデータを統合してレポートする機能。投稿 Google、新Search Consoleで「ドメイン プロパティ」機能を試験公開。wwwあり・なしやhttp・https、サブディレクト…

2018/10/23

Google、モバイルファーストインデックスのキャッシュエラーをようやく解消

モバイル ファースト インデックスに移行したサイトでは Google のキャッシュがエラーになる不具合が発生していた。長らく続いていたこの不具合がようやく解決したようだ。モバイル ファースト インデックスに移行したサイトでも現在は正常にキャッシュを確認することができる。投稿 Google、モバイルファーストインデックスのキャッシュエラーをようやく解消 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されまし…

2018/10/19

Fetch as Googleからのインデックス送信はMFI移行したサイトではGooglebotをPCとモバイルのどちらを選択すべきか?

モバイル ファースト インデックスに移行したサイトで Fetch as Google からインデックス送信する場合は、PC 版 Googlebot とモバイル版 Googlebot のどちらでページを取得したほうがいいのか? 結論から言うと、どちらでも構わない。投稿 Fetch as Googleからのインデックス送信はMFI移行したサイトではGooglebotをPCとモバイルのどちらを選択すべき…

2018/9/28
2018/9/26
2018/9/8
2018/9/6

新GSCがβ版を卒業

新Google Search Console(以下:新GSC)が米国時間9月4日にβ版を卒業しました。まだ個人単位で以前のものと行き来できますが、今後はデフォルトが新Search Consoleに移行されると思いますので、今のうちに使い慣れておくことをお勧めします。 概要 新GSCはまだまだ未完成ではあるものの、ようやくβ版から正式導入された形になります。ま … "新GSCがβ版を卒業…

ベータ版の新Search Consoleが正式版へ昇格。URL検査のライブテストと手動対策ビューアが追加

ベータ版が公開されていた新しい Search Console から「ベータ」が外れた。つまり、正式版の Search Console に昇格した。正式版の昇格と同時に新しい機能が追加されている。若干の UI 変更も加えられている。投稿 ベータ版の新Search Consoleが正式版へ昇格。URL検査のライブテストと手動対策ビューアが追加 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/8/23

Googleアナリティクス管理者は自動的にSearch Consoleの管理者として登録されるように。SCでのサイト確認は不要

Google アナリティクスの管理者である場合、自動的にそのサイトが Search Console に登録されるようになる。言い換えると、Google アナリティクス の管理権限を所有していれば、Search Console での所有者確認の操作は不要だ。投稿 Googleアナリティクス管理者は自動的にSearch Consoleの管理者として登録されるように。SCでのサイト確認は不要 は 海外S…

2018/8/22
2018/8/21

リンクレポートが新GSCに登場

米国現地時間8月21日、ついにGoogle Webmaster Central Blogでリンクレポート機能がロールアウトしたと発表されました。 リンクレポート Google Webmaster Central Blogでは、リンクレポートの他に、モバイルユーザビリティレポートや設定(プロパティ設定:所有者の確認)が紹介されていますが、リンクレポート以外は全 … "リンクレポートが新G…

2018/8/16

新しいGoogle Search Consoleに3つの機能が追加――モバイルユーザビリティ、所有者の確認、ユーザーと権限

ベータ版が公開されている新しい Search Console に3つの機能を Google は新たに追加した――モバイル ユーザビリティ レポート、所有者の確認、ユーザーと権限の3つだ。投稿 新しいGoogle Search Consoleに3つの機能が追加――モバイルユーザビリティ、所有者の確認、ユーザーと権限 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/8/6
2018/7/27
2018/7/17
2018/6/27

新しいSearch Consoleのリッチリザルト ステータス レポートがレシピをサポート

新しい Search Console のベータ版がサポートする構造化データのレポートにレシピが加わった。これまでは、求人情報だけをサポートしていた。 投稿 新しいSearch Consoleのリッチリザルト ステータス レポートがレシピをサポート は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/6/26

新GSCに機能追加

新しいGoogle Search Consoleの機能は亀の歩みのようにゆっくりと…ゆっくりと…拡張しているわけですが、今後1週間くらいで追加機能がロールアウトされると発表されましたので、ご紹介します。 どんな機能? 今回は、「URLを検査」という項目が出来たようでして、これは新機能になります。分かりやすいのはGoogle金谷氏のツイ … "新GSCに機能追加"…

2018/4/13

Google、ベータ版Search Consoleに3つの新しい機能を追加

Googleは、ベータ版として公開している新バージョンの Search Console に新しい機能を3つ追加した――「検索の見え方」フィルタ・検証の詳細ページから検証結果をエクスポート・エクスポートした比較データに見出しを追加 投稿 Google、ベータ版Search Consoleに3つの新しい機能を追加 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/4/1
2018/3/26

Googleはスパムレポートをきちんと読んでいる、そしてアルゴリズムの改善に役立てる。スパムを無効化するだけの手動対策もあり

スパムレポートの使われ方について、Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏が解説した。スパムチームはスパムレポートには必ず目を通している。スパムレポートはアルゴリズムの改善に役立てられる。また、無効化されるだけのスパムもある。 投稿 Googleはスパムレポートをきちんと読んでいる、そしてアルゴリズムの改善に役立てる。スパムを無効化するだけの手動対策もあり は 海外SEO…

2018/3/20

Search Consoleの「HTMLの改善」でレポートされるメタデータやタイトルの重複は無視できる

Search Console の 「HTML の改善」に出てくる「重複するメタデータ (descriptions)」と「タイトルタグの重複」の警告は必ずしも修正する必要はない。想定される重複であったり、正規化の対処を実行済みだったりするなら無視できる。 投稿 Search Consoleの「HTMLの改善」でレポートされるメタデータやタイトルの重複は無視できる は 海外SEO情報ブログ に最初に表…

2018/3/9
2018/2/26

過去3か月と比べて検索クリック数が100以上増えたページはどれ?新Search Consoleのパフォーマンスレポートが「差」でフィルタリング可能に

新しい Search Console のベータ版 で利用できる検索パフォーマンスレポートに、「差」でフィルタリングする機能が追加された。 - 過去3か月と比べて検索クリック数が100以上増えたページはどれ?新Search Consoleのパフォーマンスレポートが「差」でフィルタリング可能に - Posted on: 海外SEO情報ブログ - SuzukiKenichi.COM by Kenich…

2018/2/23
2018/2/21

Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限が変更に――個別URLは1日10件まで、全URLは1日2件まで

Fetch as Google 実行後にリクエストできる URL の再クロールとインデックス再登録の上限数を Google は変更した。個別URLは1日2回まで、全URLは1日2回までの送信になった。 - Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限が変更に――個別URLは1日10件まで、全URLは1日2件まで - Posted on: 海外SEO情報ブログ - Suzu…

2018/2/15

新GSCにAMP項目登場

AMP対応しているサイトもそんなに多くないかもしれませんので参考情報程度ですが、新しいGoogle Search ConsoleにAMP項目が付与されましたので、そのご紹介です。尚、これはAMP対応しているプロパティを対象としていますので、AMP対応していないプロパティには表示されていない項目になります。 どんなことが分かるの? AMP設定のエラー対象、有効 … "新GSCにAMP項目…

2018/2/9

グーグルが公式SEOチェックツールを公開【SEO記事11本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

あなたのサイトでSEOのための設定がちゃんとできているかチェックするツールをグーグルが公開している。今のところ10項目しかチェックできない“微妙”な感じだが、要チェックだ。 ほかにも、新しいSearch Consoleからの「インデックス登録の対象範囲」問題メール、スピードアップデートとMFIの関係、新Search Consoleでのプロパティセット、Googleアナリティクス+PageSpeed…