Skip to content

Speed Update

2019/5/14

スピードレポートが Search Console に新たに追加、ベータテスター募集中 #IO19

Search Console にスピードレポートが提供される予定だ。スピードレポートを利用すると、サイト内のページの表示速度の状況を包括的に知ることができる。スピードレポートは現在ベータ版で、Google I/O 2019 でその概要が紹介された。投稿 スピードレポートが Search Console に新たに追加、ベータテスター募集中 #IO19 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました…

2019/4/23
2019/4/9

モバイル検索における表示速度の改善

先日の2018年スパムレポートに続き、表示速度に関するレポートがGoogle Webmaster Central Blogで発表されていましたので、ご紹介します。モバイル検索において、2018年7月にスピードアップデートが導入されたことで、インターネット全体における各サイトの表示速度が改善されたようです。 発表内容 Google Webmaster Cent … "モバイル検索における…

2019/4/5

スピード アップデート以降の改善状況をGoogleが報告――最も遅いページの3分の1が15〜20%の速度向上

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として利用する Speed Update(スピード アップデート)を検索アルゴリズムとして 2018 年 7 月に Google は導入した。導入以降の改善状況に関してウェブマスター向け公式ブログで報告した。投稿 スピード アップデート以降の改善状況をGoogleが報告――最も遅いページの3分の1が15〜20%の速度向上 は 海外SEO情報ブログ …

2019/3/15

ウチのサイト表示、世間と比べて重い? 軽い? 相場データと調査方法を大解説!【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

illustration by つきのあめだまウェブページの表示を快適にするために「あなたのサイトは世間一般と比べて、画像やJavaScriptが重いのかどうか」を判断できる相場データと調査方法を解説する。「ウチのページは世間の75%よりも重いらしい」「上位25%に収まるぐらい軽いようだ」などがわかれば、対応の優先度も決定しやすいはずだ。ほかにも、SEOや検索に関する次のような情報を、今週もまとめ…

2019/2/15
2018/12/21

2018年のSEO振り返り ~MFI・新SC・新PSI・HTTPS……そしてSEO「ブランド」の蜜月へ | 海外&国内SEO情報ウォッチ

illustration by つきのあめだまSEO関連のさまざまな情報をこのコラムで今年もお伝えしてきた。2018年最後の更新では、特に注目に値する10大ニュースを振り返ってみる。MFIついに開始!新 Search Console が正式版にコア アルゴリズム アップデートスピードアップデート実施新生PageSpeed InsightsHTTPS(常時SSL)猛プッシュAMPやPWAでの成功事例…

2018/12/19

CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリティの警告が出ることも

たしかにモバイルフレンドリーなはずなのに、Search Console のモバイル ユーザビリティ レポートでモバイルフレンドリーではないと警告が出ることがある。しかも、一部のページに対してだけだ。理由の1つとして考えられるのは、CSS のダウンロードに時間がかかりすぎていてレンダリングが完了できていない状況。投稿 CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリ…

2018/12/4
2018/11/21

モバイルウェブのスピードアップに不可欠なのは 画像・JS・フォント の最適化 #ChromeDevSummit

Chrome Dev Summit 2018 のセッションレポート。セッションのタイトルは “Speed Essentials: Key Techniques for Fast Websites”。モバイルウェブの高速化がテーマ。実践的な内容で、パフォーマンス改善に非常に役立つテクニックが満載だ。投稿 モバイルウェブのスピードアップに不可欠なのは 画像・JS・フォント の最適化 #ChromeDe…

2018/11/13

PageSpeed Insightsがまたリニューアル

今年の1月に新しくなったばかりのGoogleのPageSpeed Insightsですが、こちらがまた新しくなっていますので、そのご紹介です。今回からLighthouseのデータが活用されるようになりました。 どうなったの? 米国現地時間11月12日に、リニューアルの発表がありました。 Googleでは、表示速度が重要な課題を占めるということを理解しています … "PageSpeed …

2018/10/25

Google、Page Speedアップデートの影響を受けた遅いサイトに速度改善を要求

ページの表示速度が非常に遅いサイトに対して警告を Google は送っているようだ。文面を読む限りでは、Speed Update の実施後にランキングに悪影響を受けたサイトに送られているように思える。投稿 Google、Page Speedアップデートの影響を受けた遅いサイトに速度改善を要求 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/9/8
2018/8/3
2018/7/29
2018/7/10

Google、ページの読み込み速度をランキング要因にするSpeed Updteを導入開始

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として利用する Speed Update(スピード アップデート)をすべてのユーザーに対して Google は導入を開始した。Speed Updateは、7月の導入が今年の1月に事前アナウンスされていた。 投稿 Google、ページの読み込み速度をランキング要因にするSpeed Updteを導入開始 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました…

2018/7/4

【訂正記事】Google Speed Updateで影響を受けるのは本当に遅いページだけ、スピード改善が段階的に評価されるのは影響を受けた場合

Google Speed Update についての正確な情報を説明。「速ければ速いほど評価が上がる」としたのは誤り。本当に遅いサイトだけに影響する。低評価を受けたサイトの改善が徐々に評価される。 投稿 【訂正記事】Google Speed Updateで影響を受けるのは本当に遅いページだけ、スピード改善が段階的に評価されるのは影響を受けた場合 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/7/3

Googleスピードアップデート「とても遅いサイトのみが影響を受ける」と改めて発言

昨日、Googleスピードアップデート(モバイルページの読込速度評価に関連するアルゴリズムの更新)についてページ速度の改善が検索順位の改善につながる可能性がある旨の記事(関連記事:Google Speed Update、読込速度改善で検索順位上昇も)を公開した。このハングアウトの Google のジョン・ミューラー氏の発言について、同氏が補足説明をツイートしている。私の解釈とは異なる意図だったよう…

2018/7/2

スピードアップデート情報

今年1月にスピードアップデート導入の発表がありました。そして、いざ導入時期の7月になってみると…どうやら様子が違うようです。スピードアップデートは「表示速度があまりにも遅いサイトページが対象」から「表示速度に合わせてランキングに影響」と要件が変わっています。 参考記事 今月導入されるGoogle Speed Uptateは速ければ速いほど評価が上 … "スピードアップデート…

今月導入される Google Speed Uptate は速ければ速いほど評価が上がるアルゴリズムだった

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として用いる “Speed Update”(スピード アップデート)を Google は今月導入する予定だ。Speed Update は本当に遅いページだけが影響を受けるアルゴリズムだと思われていた。しかしながら実際には、速ければ速いほど評価が上がるアルゴリズムになっているらしい。 投稿 今月導入される Google Speed Uptate は速…

2018/6/24
2018/6/22

Google PageSpeed Insightsのoriginコマンドでサイト全体のスピードを計測

ウェブページの表示スピードを計測するツールの PageSpeed Insights で、サイト全体を集計した速度データを調べられるようになった。origin: コマンドで集計データをレポートできる。 投稿 Google PageSpeed Insightsのoriginコマンドでサイト全体のスピードを計測 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/5/11

デザインが悪く使いづらいサイトは、グーグルの評価が下がるんだって!?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

Webサイトのデザインがひどかったり使いづらかったりすると、グーグルの評価が下がってしまうのだろうか? SEOに詳しい人なら「そんなことはない」と言うだろうが、グーグルのジョン・ミューラー氏によると、そうとも限らないようだ。 ほかにも、MFI後のページ表示速度の評価対象、MFI移行の第二弾がスタート、モバイルフレンドリーじゃないのにMFI移行、超スゴいAMPの最新機能、検索上位の83%がHTTPS…

2018/5/2

Chromeのデータをページ速度評価にGoogleは確かに使っていた(Google社員に確認)#BrightonSEO

ページの表示速度を計測するデータの1つとして、Chrome User Experience Report(Chrome ユーザー エクスペリエンス レポート)を Google は利用していることを確認できた。また、現状では Googlebot は HTTP/2 をサポートしていないが、検索にポジティブな影響を与える可能性がある。 投稿 Chromeのデータをページ速度評価にGoogleは確かに使っ…

2018/4/24

モバイルページにとってたった1つの重要なこと、それは「スピード」

多くのWebデザイナーやWebディレクターは、オンボーディングやページ遷移などのユーザー体験(UX)デザインに気をかけますが、昨今では、それ以上に重要だとされている要素があります。それは「スピード」です。今回は、UXにおけるページの表示速度について、Googleが新たに発表した検索結果に関する重要な「予告」も踏まえながら、ポイントをまとめていきます。