Skip to content

ペンギンアップデート

2019/1/28
2019/1/23
2019/1/11

トラフィック激増「グーグル砲」を生む「おすすめ記事」は、2019年注目の機能【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

2019年明けましておめでとうございます。今年もSEO情報ウォッチをよろしくお願いします。 illustration by つきのあめだま 「Webサイトのトラフィックが10倍になった」「“グーグル砲”と呼ぶべき劇的なトラフィックがくる」というグーグルの新機能「おすすめ記事」「Discover」は、SEO担当者ならずとも2019年にぜひ注目したい話題だ。検索・広告・ソーシャルに続く第…

2018/12/17

【SEOへの影響は?】海外サイトからの被リンクがあったときはどうしたらいいの?

SEOで上位化を目指すには、コンテンツの質を高める他に、被リンクを集めることが大切です。ユーザーにとって価値のあるコンテンツであれば、別のサイトで紹介され、リンクを設けてもらえることがあります。コンテンツを増やすことで徐 […]

2018/12/14
2018/11/27
2018/9/19
2018/5/31
2018/3/21
2017/9/6
2017/1/25
2016/10/11
2016/10/3
2016/9/26
2016/9/23
2014/12/11
2014/10/20
2014/7/29
2013/5/24

Google、ペンギンアップデート2.0の実施を全世界で完了。順位変動は期待はずれ?

Googleはかねてからの予告どおりに、次世代となるペンギンアップデート2.0の実施を、現地時間の2013年5月22日に完了した。米国での英語のクエリにおいては2.3%の検索結果に影響と言っているが、実際には大きな順位変動は起こっていない模様。

2012/10/9

Google、ペンギン・アップデート3を実行。予想とは裏腹に大変動は発生していない模様。

Googleは、2度目となるペンギン・アップデートの更新を実行した。データのリフレッシュのみでアルゴリズムは変わっていない。大きな順位変動をもたらすだろうという予想に反して小規模な影響にとどまっている。英語やフランス語、イタリア語などには導入が完了している。全言語に導入予定のようだが日本語がどうなっているかは不明。

2012/6/14

パンダとペンギン ―― グーグルのアルゴリズム更新の正体と対処法

この記事は、SEOmoz社長のGillian氏がWeb担当者Forumのために書き下ろしたオリジナルコンテンツを日本語訳したものです。2011年、グーグルは一般に「パンダ」という名称で知られるアップデートを実施した。パンダ・アップデートはウェブ検索に非常に多くの影響をおよぼし、検索マーケターの世界に大騒ぎをもたらした。

2012/4/26