Skip to content

スパム

2018/7/6

グーグル検索結果のスパム率は0.5%以下だって!?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

グーグルは、ウェブスパムの傾向と対策を紹介した記事で「ユーザーが検索結果からスパムサイトにアクセスする割合が0.5%以下」であることを発表した。 ほかにも、「MFI完了にはまだ数年かかる」「AMPページとサイトマップ」「JSON-LD構造化データ作成ツール」や、「カナダが政府WebサイトのHTTPS&HSTS化を義務づけ」「“ウザい”プッシュ通知を撲滅していこう」などの役立つ情報をまとめてお届けす…

2018/6/29

Googleが2017年のウェブスパム対策の取り組みを報告――スパムサイトはユーザーが訪問した検索結果の1%以下、リンクスパムは半減

Google は、ウェブスパムに対する 2017 年の取り組み状況をウェブマスター向け公式ブログで紹介した。この記事では、具体的な数字が言及されている成果を抜き出して紹介する。 投稿 Googleが2017年のウェブスパム対策の取り組みを報告――スパムサイトはユーザーが訪問した検索結果の1%以下、リンクスパムは半減 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/6/11

Googleが2017年に手動で対策したウェブスパムは600万件

検索におけるウェブスパムに対する取り組み状況を Google は公式ブログで説明した。2017年に Search Console 経由で送信した警告の数や手動で対策したスパムの件数などの具体的な数字にも言及している――検索結果の表示に影響が出る可能性がある問題を知らせるために、4,500 万の通知を Search Console に登録しているサイトに送信。自動検出をすり抜けたスパムに対して実行し…

2018/4/19

GoogleのJob Postingで募集終了した求人を掲載し続けると手動対策の対象に

Google は Job Posting(求人情報)に関するガイドラインを更新した。募集終了した求人がリスティングに掲載されないための対応を指示している。募集終了した求人を出し続けると手動対策もありうる。 投稿 GoogleのJob Postingで募集終了した求人を掲載し続けると手動対策の対象に は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/4/6

過去にペナルティを受けたスパムサイトをリセットするボタンはGoogleには存在しない

過去に Google からアルゴリズム的に低評価を与えられてしまったドメイン名を、そうとは知らずに取得してしまうことがある。ドメイン名の所有者がまったく無関係の人になったからといって、その低評価をゼロにすることはできない。Google にはリセットボタンは存在しない。 投稿 過去にペナルティを受けたスパムサイトをリセットするボタンはGoogleには存在しない は 海外SEO情報ブログ に最初に表示…

2018/3/26

Googleはスパムレポートをきちんと読んでいる、そしてアルゴリズムの改善に役立てる。スパムを無効化するだけの手動対策もあり

スパムレポートの使われ方について、Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏が解説した。スパムチームはスパムレポートには必ず目を通している。スパムレポートはアルゴリズムの改善に役立てられる。また、無効化されるだけのスパムもある。 投稿 Googleはスパムレポートをきちんと読んでいる、そしてアルゴリズムの改善に役立てる。スパムを無効化するだけの手動対策もあり は 海外SEO…

2018/1/22
2018/1/20

スパムSEOリンクや隠しテキストで上位表示してるサイトあるけど、どうなのよ?【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forumの連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。今週の注目ピックアップは『「スパムSEOリンク」や「隠しテキスト」で今も上位表示してるサイトを発見、これどうなのよ?』。ほかにも『「このサイトのページ表示速度は世間一般と比べると」をPageSpeed Insightsが教えてくれるように!』、『MFI後、モバイルサイトとPCサイトの内部リンク構成は同じにすべき?…

2012/4/26