Skip to content

検索結果表示

2019/11/8

キーワード別SEOアプローチMEMO

施策キーワードの種類によってSEOとして考えるアプローチの方向性について、検証を踏まえた個人見解を備忘録的に記載しておきます。ご質問を受けた際の、参考記事としての紹介用ですので悪しからず…。 Transactional Query(Doクエリ)でSEO優位になりたいなら 法人サイトが最も注力するキーワードですね。いわゆる取引型クエリで、行動を起こ … "キーワード別SEOア…

2019/10/30
2019/10/29
2019/10/28

BERTの導入

Googleは検索糸の理解を促進するためにBERTモデルを導入したとThe Keywordで発表しましたので、その内容を和訳してお伝えします。BERTによって文脈を理解するようになった感じですね。 BERTの紹介 BERTとは、“Bidirectional Encoder Representations from Transformers”の略で、直訳すれば … "BERTの導入" の…

2019/10/25

meta descriptionはSEOですか?

metaタグに記載するdescription、これに関しては検索順位に影響するわけではございません。一方で「meta descriptionはSEOとは関係ないですよね?」という質問もいただきます。これに関しまして、屁理屈とかではなく一応見解をご説明しておきたいと思います。ちなみに今回はGooglebotに本文から任意に選択してスニペット化する云々ではなく、 … "meta descr…

2019/10/24

スニペット文字数を制御するmax-snippet robots metaタグは強調スニペットにも影響する。しかしリッチリザルトには影響しない

検索結果のプレビューを制御するための新しい robots meta タグが検索結果に反映され始めたようだ。この記事では、検索結果のスニペットの文字数を制御する max-snippet robots meta タグと data-nosnippet HTML 属性に関する補足情報を紹介する。

2019/10/23
2019/10/21

Googleにとって必要な構造化データはどれ? 技術ドキュメントに載っているプロパティだけで十分なのか?

[レベル: 中級]構造化データを利用するときは、デベロッパーサイトのドキュメントに書かれているとおりのプロパティだけを記述したほうがいいのか? それとも schema.org で定義されているプロパティを追加してもいいのか?一般のウェブマスターから寄せられた疑問

2019/10/18
2019/10/16

デスクトップも検索結果デザイン変更

Googleの検索結果デザインに関して、今年5月にモバイル表示が変更になりました。その後デスクトップ版でも同様の表示がされているケースが増えましたが、私のPCでも安定して新デザイン表示になってきていますので、ご紹介しておきます。 新旧比べてみた 既にモバイル版はご紹介しておりますので、今さらですが、デスクトップ版でも同様の変更ですね。まずは新しいデスクトップ … "デスクトップも検索結…

2019/10/4
2019/10/2

GSCでリッチリザルト表示を確認

最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかについてご紹介したいと思います。 自分のサイトのリッチリザルト … "GSCでリッチリザル…

2019/10/1
2019/9/27

グーグルは検索結果の情報が正しいかどうかを判断していないだって!?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

illustration by つきのあめだま「グーグルの検索結果で上位に表示されている情報は正しい」と思っている人も多いことだろう。しかし、実際にはそうだとは限らない。なぜ情報の正確性をグーグルがみているとは限らないのか、グーグルは「情報の正しさ」をどう扱っているのか、中の人の発言から解説する。ほかにも、グーグル検索やリンク、リッチリザルト、AMPストーリーなどなど、SEOに役立つ情報を今週もま…

2019/9/26
2019/9/20
2019/9/18

レビュー表記を有意義に

Googleの検索結果に表示される★のリッチリザルト、つまりレビュー結果に関する構造化データのマークアップですが、どうやら任意で設定している評価が混沌としており、ユーザーにとって有意義に機能していないようです。そこで、Googleではレビュー対象をしっかり定義付けするようになりました。Google Webmaster Central Blogにて発表していま … "レビュー表記を有意義…

2019/9/17
2019/9/6
2019/9/3
2019/9/2
2019/8/30

「ゼロクリック検索(ゼロクリックサーチ)」50%超えの時代への対応とは?

「ゼロクリック検索(ゼロクリックサーチ)」50%超えの時代への対応とは? ゼロクリックサーチ50%超え時代に、マーケターはどう対応するべきか ゼロクリックサーチ50%超え時代に、マーケターはどう対応す ... Copyright © 2019 SEOコンサルタント.com All Rights Reserved.

ゼロクリックサーチ50%超え時代に、マーケターはどう対応するべきか | Mozcon

検索結果に満足して、検索を終わらせた人の割合(ゼロクリック)は、2019年6月の調査では、50%を超えたという。こうした時代にマーケターはどう対処すべきか。米国シアトルで7/15~19に行われたMoz主催のカンファレンス「MozCon2019」に登壇した、Moz前CEOのランド・フィッシュキン(Rand Fishkin)氏は、「ウェブ検索の現在と未来展望」という内容で講演。前編に続き、今回は後編を…

2019/8/26
2019/8/21
2019/8/20
2019/8/19
2019/8/15