Skip to content

海外SEO情報ブログ

2019/1/18

タイトルなし・スニペットなし・画像なしの検索結果をGoogleがテスト中、EU著作権指令への対応

Google は EU 圏内で、タイトルやスニペット、画像がない検索結果をテストしているようだ。EU 著作権指令の改正案に従ったものと思われる。投稿 タイトルなし・スニペットなし・画像なしの検索結果をGoogleがテスト中、EU著作権指令への対応 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/1/17

URL検査ツールにスクリーンショット機能が追加。HTTPレスポンスやページエラー、JSログも

Search Console の URL 検査ツールに機能が追加された。次の情報も提供するようになった――レンダリング済みのスクリーンショット、HTTP レスポンス、読み込めなかったリソース、JavaScript エラー投稿 URL検査ツールにスクリーンショット機能が追加。HTTPレスポンスやページエラー、JSログも は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/1/16

Googleの正規URLを正確に調べたいならinfo:検索よりもURL検査ツールが適切

Google にインデックスされている正規 URL を調査する際に、info: 検索を利用することができる。しかし、確実に調べたいのであれば Search Console の URL 検査ツールを使用することを Google のジョン・ミューラー氏は推奨した。投稿 Googleの正規URLを正確に調べたいならinfo:検索よりもURL検査ツールが適切 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されまし…

2019/1/15

2019年7月からは、ユーザー体験を損ねる、Better Ads Standards違反の広告が世界中でブロックされる

Better Ads Standards に準拠していない迷惑広告を非表示にする機能を米国とカナダ、ヨーロッパで Chrome が 現在実装している。この機能を、2019 年 7 月 9 日に全世界で有効にすることを Google はアナウンスした。投稿 2019年7月からは、ユーザー体験を損ねる、Better Ads Standards違反の広告が世界中でブロックされる は 海外SEO情報ブログ…

2019/1/12

トラフィック激増「グーグル砲」を生む「おすすめ記事」は、2019年注目の機能【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forumの連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。「Webサイトのトラフィックが10倍になった」「“グーグル砲”と呼ぶべき劇的なトラフィックがくる」というグーグルの新機能「おすすめ記事」「Discover」は、SEO担当者ならずとも2019年にぜひ注目したい話題だ。投稿 トラフィック激増「グーグル砲」を生む「おすすめ記事」は、2019年注目の機能【海外&国…

2019/1/11

Google、Activity Cardの導入を開始。モバイル検索とアプリで利用可。まず、米国の英語検索から

Activity card(アクティビティ カード)の提供を Google は開始した。Activity Card は関連する一連の検索をまとめる機能。関係すると思われるクエリで検索したとき、その関連クエリで過去に訪問したページの履歴を参照することができる。投稿 Google、Activity Cardの導入を開始。モバイル検索とアプリで利用可。まず、米国の英語検索から は 海外SEO情報ブロ…

2019/1/10

サイトマップはインデックスさせる必要なし。X-Robots-Tagのnoindexでインデックス回避が可能

検索エンジンのために構成するサイトマップ ファイルをインデックスさせる必要はない。X-Robots-Tag で noindex を送信するとサイトマップが検索結果に出ないようできる。投稿 サイトマップはインデックスさせる必要なし。X-Robots-Tagのnoindexでインデックス回避が可能 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/1/9
2019/1/8

リッチリザルト テストがコードでの検証をサポート。構造化データを編集しながらチェック可能

リッチリザルト テスト ツールがコードでの検証をサポートした。構造化データのコードを編集しながらの検証が可能。 投稿 リッチリザルト テストがコードでの検証をサポート。構造化データを編集しながらチェック可能 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/1/7

Googleレンズが認識する製品の数が10億以上に増加。GoogleレンズのSEOは可能なのか?

Google レンズの改良に Google は力を入れている。現在 Google レンズが認識できる製品の数は 10 億以上、公開当初の 4 倍に増えているとのこと。投稿 Googleレンズが認識する製品の数が10億以上に増加。GoogleレンズのSEOは可能なのか? は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/1/4

AMPページからの強調スニペットがスクロール済みでハイライト表示

強調スニペットと AMP の組み合わせによるモバイル検索の新しい機能を紹介する。強調スニペットに引用されるページが AMP だった場合に検索結果からそのページに訪問すると、引用された部分にダイレクトに連れて行かれる。そして、引用された部分はハイライト表示される。投稿 AMPページからの強調スニペットがスクロール済みでハイライト表示 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/12/28

医療・健康系のアップデート対策になるか? schema.orgのMedicalEntity構造化データ

schema.org には医療や健康に関する MedicalEntity というタイプが存在する。薬や病気、医学の研究や論文など医療と健康についての情報を、ほかの schema.org タイプと同様に、検索エンジンを始めとする機械に理解させ人間であるユーザーに届けやすくできる。投稿 医療・健康系のアップデート対策になるか? schema.orgのMedicalEntity構造化データ は 海外SE…

2018/12/27

AMPだけのサイトに問題なし。クロール、インデックスするURLが1つになることによるSEO的なメリットも

AMP だけのサイトを公開することに問題はない。表示な高速によるユーザー体験の向上に加えて、クロールする URL が1つだけなので検索エンジンがやることがシンプルになるというメリットもある。投稿 AMPだけのサイトに問題なし。クロール、インデックスするURLが1つになることによるSEO的なメリットも は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/12/26

動画と画像で評価に違いは出ないが、検索結果にサムネイル表示させたいなら動画はページの上に置くべき

動画が主要なコンテンツで、検索結果に表示させたいときはページの上の方にその動画を設置することを Google は推奨した。そのほうが Google には重要なコンテンツとして認識しやすくなり、動画のサムネイルが検索結果に表示されやすくなる。投稿 動画と画像で評価に違いは出ないが、検索結果にサムネイル表示させたいなら動画はページの上に置くべき は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/12/25

クロール・インデックスの制御においては最も厳しい設定をGoogleは適用する。noindexをJSで取り除いてもインデックスされないまま

クロールやインデックスを制御する場合、最も制限が厳しい設定を Google は適用する。状況によっては JavaScript による操作が機能しないこともある。投稿 クロール・インデックスの制御においては最も厳しい設定をGoogleは適用する。noindexをJSで取り除いてもインデックスされないまま は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/12/21

How ToのリッチリザルトをGoogleがテスト中

Google は How to(ハウツー)のリッチリザルトをテストしている模様だ。How To のリッチリザルトは、先日公開された Q&A のリッチリザルトとともに Google Dance Singapore で紹介されていた新しいリッチリザルトの 1 つ。schema.org/HowTo の構造化データでマークアップすると思われる。投稿 How ToのリッチリザルトをGoogleがテ…

2018/12/20

Google検索結果に表示される半数以上のページがモバイルファーストインデックスに移行済み

Google によれば、検索結果に表示されるページの半分以上でモバイル ファースト インデックス (以下、MFI) がすでに使われているとのこと。このように報告したうえで、MFI に対応できているかどうかを確認する項目を併せて Google は案内した。投稿 Google検索結果に表示される半数以上のページがモバイルファーストインデックスに移行済み は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました…

2018/12/19

CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリティの警告が出ることも

たしかにモバイルフレンドリーなはずなのに、Search Console のモバイル ユーザビリティ レポートでモバイルフレンドリーではないと警告が出ることがある。しかも、一部のページに対してだけだ。理由の1つとして考えられるのは、CSS のダウンロードに時間がかかりすぎていてレンダリングが完了できていない状況。投稿 CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリ…

2018/12/18

公開日と更新日の両方を構造化データでマークアップすることをGoogleは推奨

[レベル: 上級] 記事が最初に公開された日時と最後に更新された日時の両方を構造化データでマークアップすることを、Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏は推奨しました。また、Google に日0投稿 公開日と更新日の両方を構造化データでマークアップすることをGoogleは推奨 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2018/12/17

新しいSearch Consoleはすべての404をレポートしない、影響を与える可能性があるエラーだけをレポートする

新しい Search Console は、サイトに影響を与える可能性があるクロールエラーだけをレポートするようになっている。旧 Search Console は、Googlebot が検出したすべてのエラーをレポートしていた。投稿 新しいSearch Consoleはすべての404をレポートしない、影響を与える可能性があるエラーだけをレポートする は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。