Skip to content

海外SEO情報ブログ

2019/4/17
2019/4/16

Googley DiscoverのパフォーマンスレポートがSearch Consoleで利用可能に

Discover の検索パフォーマンスレポートが Search Console で利用できるようになった。Discover に表示されたページの URL やその表示回数、クリック数などのデータを入手できる。投稿 Googley DiscoverのパフォーマンスレポートがSearch Consoleで利用可能に は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/13

グーグルの内部的なミス? 一部サイトのインデックス消滅、対策は「待つ」【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。グーグルの内部的なミス(かトラブル)が原因で、一部のサイトがグーグル検索のインデックスから消えてしまう事故が起きていた。投稿 グーグルの内部的なミス? 一部サイトのインデックス消滅、対策は「待つ」【海外&国内SEO情報ウォッチ】 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/9

ネイティブLazy LoadをChromeが試験的にサポート開始

JavaScript のライブラリを実装することなく、ブラウザにもともと備わっている機能として lazy load を実行する仕組みを Chrome Canary 75 がサポートするようになる。lazy load 専用の属性を HTML コードに追加するだけで、 と で指定するコンテンツを簡単に遅延読み込みできる。投稿 ネイティブLazy LoadをChromeが試験的にサポート開始 は 海…

2019/4/8

Google検索に技術的な問題が発生、インデックス削除されたサイトも。問題はすでに解消

先週末に、 Google のインデックスに技術的な問題が発生した。この影響により、検索結果に表示されなくなったサイトが多発した。現在問題は解消し、影響を受けたサイトのほとんどは検索結果に復活している。投稿 Google検索に技術的な問題が発生、インデックス削除されたサイトも。問題はすでに解消 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/5

スピード アップデート以降の改善状況をGoogleが報告――最も遅いページの3分の1が15〜20%の速度向上

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として利用する Speed Update(スピード アップデート)を検索アルゴリズムとして 2018 年 7 月に Google は導入した。導入以降の改善状況に関してウェブマスター向け公式ブログで報告した。投稿 スピード アップデート以降の改善状況をGoogleが報告――最も遅いページの3分の1が15〜20%の速度向上 は 海外SEO情報ブログ …

2019/4/4

より多くのページからデータ収集するようにSearch Consoleの拡張レポートに仕様変更あり

Search Consoleが、これまでよりも多くのページからデータを収集するようになった。そのため、多くの拡張機能でレポートされる数値に上昇が見られるかもしれない。投稿 より多くのページからデータ収集するようにSearch Consoleの拡張レポートに仕様変更あり は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/3

Chrome 75 (Canary) でオムニボックスからPWAをインストール可能に

PC 版 Chrome Canary 75 で Ominibox(オムニボックス)から PWA をインストールできるようになった。これまではメニューからたどってインストールする必要があった。投稿 Chrome 75 (Canary) でオムニボックスからPWAをインストール可能に は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/2

低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない

サイトの一部分のコンテンツが低品質だからといって、必ずしもサイト全体の評価に悪影響を及ぼすとは限らない。特に大規模なサイトでは、内容の薄いページが多少なりともあることは一般的。投稿 低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/4/1

【JavaScript SEO】Vueではvue-routerをhistoryモードへ変更、vue-metaを有効に

メジャーな JavaScript フレームワークである、Angular・React・Vue は Google 検索の SEO において基本的にはうまく機能するただし、検索エンジンフレンドリーにするために一部の変更が必須。Vue では vue-meta を有効にし、また history モードに切り替える。投稿 【JavaScript SEO】Vueではvue-routerをhistoryモードへ変…

2019/3/30

グーグルがSearch Consoleを大改善! プロパティをいろいろ登録する面倒が不要に【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。Web 担当者や SEO 担当者にうれしい情報だ。Search Console の面倒が激減する「ドメインプロパティ」「正規 URL のプロパティへのデータ統合」を解説する。投稿 グーグルがSearch Consoleを大改善! プロパティをいろいろ登録する面倒が不要に【海外&国内SEO情報ウォッチ】 は 海外S…

2019/3/29

Google、多くの機能を旧Search Consoleで提供終了。Fetch as Googleももはや使えず

旧バージョンの Search Console で多くの機能・レポートの提供を Google は終了した。今年 1 月に告知していたとおりの実施だ。投稿 Google、多くの機能を旧Search Consoleで提供終了。Fetch as Googleももはや使えず は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/28

Google、AMP for Emailを正式リリース。AMP技術を利用し、動的コンテンツをメールで実現

Google は AMP for Email を正式にリリースした。AMP for Gmail は、AMP のテクノロジーを利用し、動的なアクションをメールで可能にする。投稿 Google、AMP for Emailを正式リリース。AMP技術を利用し、動的コンテンツをメールで実現 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/27

info:検索のサポートをGoogleが終了、正規URLのチェックにはURL検査ツールの利用を推奨

info: 検索のサポートを終了することを Google はウェブマスター向け公式ブログでアナウンスした。正規 URL を正確に調べるための手段として Search Console の URL 検査ツールの利用を Google は推奨している。投稿 info:検索のサポートをGoogleが終了、正規URLのチェックにはURL検査ツールの利用を推奨 は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/26

AMPテストとモバイルフレンドリーテストの2つのツールがコード検証をサポート

AMP テストツールとモバイルフレンドリー テスト ツールがコードでの検証をサポートした。これまでは、実際に公開されている URL で検証しなければならなかった。現在は公開前にコードレベルで問題がないかどうかを調べられる。投稿 AMPテストとモバイルフレンドリーテストの2つのツールがコード検証をサポート は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/25

Google、rel=prev/nextのサポートを終了……実は数年前からすでに使っていなかったというオチあり

rel="prev" および rel="next" のリンク要素のサポートを終了したことを Google は告知した。実際には、数年前から利用していなかったとのこと。ページネーションした各ページは独立したページとして扱われる。投稿 Google、rel=prev/nextのサポートを終了……実は数年前からすでに使っていなかったというオチあり は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。

2019/3/22

新Search Consoleのサイトマップレポート改良――サイトマップを開く、サイトマップの削除、エラーの詳細説明、RSSとAtomのサポート

新バージョン Search Console のサイトマップレポートで利用できる機能を Google は改良した――サイトマップを開く、サイトマップの削除、エラーの詳細な説明、RSS と Atom のサポート投稿 新Search Consoleのサイトマップレポート改良――サイトマップを開く、サイトマップの削除、エラーの詳細説明、RSSとAtomのサポート は 海外SEO情報ブログ に最初に表示され…

2019/3/20

【JavaScript SEO】AngularとReact、VueはGoogle検索のSEOで利用可能。ただし注意点あり

メジャーな 2 大 JavaScript フレームワークである Angular と React、そしてこの 2 つには及ばないもののシェアを伸ばしてきている Vue.js を採用したウェブサイトは基本的に Google 検索においてうまく機能する。SEO と相性が悪いフレームワークではない。ただしいくつか気をつける点もある。投稿 【JavaScript SEO】AngularとReact、Vueは…

2019/3/19

headセクションにiframeを埋め込んではいけない、iframe以降の要素はGoogleにすべて無視される

head セクションに iframe タグを埋め込んではいけない。iframe タグ以降の要素は Google にすべて無視される。つまり、head セクション内の iframe はSEO に実害を与える。投稿 headセクションにiframeを埋め込んではいけない、iframe以降の要素はGoogleにすべて無視される は 海外SEO情報ブログ に最初に表示されました。