Skip to content

Web担当者Forum

2018/2/20

Chromeが迷惑広告ブロック開始、でも日本向けサイトではまだ有効になっていないのよね | 編集長ブログ―安田英久

今日は、Chromeが2月15日から開始した迷惑広告ブロックの話題です。この機能はBetter Ads Standardsという基準をもとにしているのですが、対象は北米と欧州のユーザーが中心のサイトで、日本のユーザーが中心のサイトではブロック判定自体が機能していないのです。 Chromeブラウザが迷惑広告のブロックを開始 グーグルは、Chromeブラウザで迷惑広告を表示しない処理を2月15日か…

8か月で検索流入数が3倍に! Webメディアで生かされた紙メディア編集者のノウハウとは?【前編】 | 成果につなげる! コンテンツマーケティング最前線

ホームセンターで配布しているフリーペーパーを前身として、2016年3月に誕生したライフスタイルWebマガジン「Pacoma(パコマ)」。 ライフスタイル系メディア群雄割拠の時代、編集長の西面冬樹氏は「後発でも着実に読者を増やしたい。SEOで戦うには、絶対に紙メディアの編集者が必要だ」と確信していました。そこで採用されたのが、出版社で7年間、女性向けのインテリア・生活情報の雑誌を編集してきた武蔵…

2018/2/19

【2018年版】meta descriptionの最適な長さは「300文字」または「グーグル任せ」か | Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

グーグルの検索結果ページ(SERP)に表示されるスニペット(説明文)の平均的な長さが、2017年11月末に突然、増えた。 キーワード1万件(検索結果9万件)全体にわたって明らかに増加したが、動画のスニペットなど特異なケースも多くあった。 僕たちのデータでは多くのスニペットが300字を超えており、2018年からはmeta descriptionの新たな上限値を300字に設定することを推奨する。 …

2018/2/16

米国SEO専門家240人調査:SEOの月額予算は? 優先するのはテクニカル? コンテンツ? 効いた施策は? | 時代は「SEO」から「SXO」へ ~海外最新サーチ事情・市場予測

SEOの専門家240人に調査!企業SEOの「支出と優先順位」「SEO戦略と課題」SEOのプロは、企業SEOの「支出と優先順位」「SEO戦略と課題」をこうみている!エンタープライズレベル企業は、SEOに対し小規模企業よりも多く支出しているが、企業によって予算の差は大きい。エンタープライズレベル企業の45%が、SEOのために月2万ドル(およそ200万円)以上を投資している。一方で、11%の企業は月1,…

2018/2/15

Google公式のChrome拡張SEOツール公開、10項目を簡単チェック | Web担人気記事ランキング

2018年2月8日~2018年2月14日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? グーグルが公式SEOチェックツールを公開【SEO記事11本まとめ】あなたのサイトでSEOのための設定がちゃんとできているかチェックするツールをグーグルが公開 世界30%のSSL証明書が3月と10月に強制無効化!? あなたのサイトが大丈夫か確認する3ステッ…

2018/2/13

グーグル公式SEOチェックツール登場、Chrome拡張で | 先週のWeb担まとめ記事

2018/02/03~2018/02/09━━【この記事の目次】━━今回の要チェック記事セミナーWeb担当者向け求人情報先週の人気記事先週の解説記事先週のニュース記事編集後記Web 担当者 Forum に掲載された情報を毎週一度、まとめてご紹介するこのコーナー、今回は解説記事 21 本とニュース記事 23 本です。忙しい人のためのこの記事の使い方:上のほうから内容をざっとチェックする重要なものほど…

2018/2/9

良い「サービス説明文」を書く4つのステップと「基本の型」5項目 | 初心者のためのウェブ文章入門(全6回)

文章が苦手な人へ贈る「初心者のためのウェブ文章入門」の第5回目は、「サービス説明文」の書き方についてお伝えします。ホームページを運営している人にとって、自社サービス説明文を書く力は必須のスキルです。一生懸命書いたのになかなか伝わらない、あるいはほんの数行しか書けない、そんな方も少なくありません。本章では、パソコン教室の事例をもとに、サービス説明の「型」と文章を組み立てる方法を解説します。伝わりやす…

グーグルが公式SEOチェックツールを公開【SEO記事11本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

あなたのサイトでSEOのための設定がちゃんとできているかチェックするツールをグーグルが公開している。今のところ10項目しかチェックできない“微妙”な感じだが、要チェックだ。 ほかにも、新しいSearch Consoleからの「インデックス登録の対象範囲」問題メール、スピードアップデートとMFIの関係、新Search Consoleでのプロパティセット、Googleアナリティクス+PageSpeed…

2017/12/25

グーグルの検索結果から見えてくる「ユーザーの検索意図」の読み取り方

グーグルは、検索クエリだけでは検索意図(ユーザーが検索することによって何を得ようとしているのか)を確実に読み取れない場合、考えられる複数の検索意図に(適切に)対応した検索結果を表示する。このようなSERP(検索結果ページ)を注意深くチェックすれば、SEOに役立つ情報がたくさん見つかる。

2017/11/10
2017/6/20
2016/11/14
2016/11/8
2016/10/2
2015/10/14

コンテンツSEOは単なる“コンテンツの量産”にあらず。お客さまのためのコンテンツマーケティングであるべし!

「コンテンツ」という言葉の意味を、ここでは「情報」と定義する。情報には、商品やサービスの基本説明のような基本情報から、お客さまの問題を解決するためのソリューション情報まで、さまざまな種類がある。当然、ここで問題にしている情報とは、基本情報のことではない。

2012/6/14

パンダとペンギン ―― グーグルのアルゴリズム更新の正体と対処法

この記事は、SEOmoz社長のGillian氏がWeb担当者Forumのために書き下ろしたオリジナルコンテンツを日本語訳したものです。2011年、グーグルは一般に「パンダ」という名称で知られるアップデートを実施した。パンダ・アップデートはウェブ検索に非常に多くの影響をおよぼし、検索マーケターの世界に大騒ぎをもたらした。